悩み別で選ぶ

アトピーのフケを減らす保湿シャンプー!頭皮の乾燥肌には徹底保湿!

投稿日:

目次

アトピーのフケを減らす保湿シャンプー!頭皮のカサカサ乾燥肌には徹底保湿!

アトピーで多い、頭皮の乾燥肌ってどうすればいいの?

フケは気になるし、シャンプーはしみるし、頭が痒いし・・・。

頭皮が乾燥していませんか?

頭皮の乾燥には保湿シャンプーを使うことが重要で、頭皮の乾燥対策にもなります。

保湿に優れたシャンプーを使うだけで、頭皮アトピーの乾燥肌は治る?

保湿シャンプーを使えば頭皮アトピーの乾燥肌が治るのか?といえば、答えはNO!です。

シャンプーは洗い流すものだから、保湿といってもシャンプーとしてできる範囲でということになります。

しかし、泡パックして美容液レベルの成分を浸透させるシャンプーもあるので、侮ってはなりません。

保湿シャンプーを使うだけで、洗った後の仕上りや髪のまとまり、フケの量も違ってきます。

カサカサ頭皮で大量のフケに悩んでいるあなたに、保湿が効かない理由、保湿のポイント、保湿シャンプーの選び方を教えます。

[char no="38" char="c-yubisashi-r"]しっかり潤ってフケが気にならない、頭皮の乾燥を和らげる保湿シャンプーのポイントをチェックしましょう![/char]

アトピーで頭皮が乾燥し、フケが多くなっていませんか?


まずは、頭皮の乾燥やフケの出具合をチェック。

  • 色が濃い洋服やスーツで、肩のフケが気になる。
  • 学校や職場の机にフケがたくさん落ちている。
  • メガネにフケが積もる。
  • 髪の毛にフケが大量についている。

思い当たるところはありませんか?

そのままにしても、フケは自然と減らないし、量が増えて大きなフケもできるようになってしまいますよ。

大量のフケは古い角質じゃなかった!?乱れたターンオーバーで落ちているフケの正体

通常、フケは古い角質が剥がれ落ちたものです。

しかし、フケは大量に毎日出るというものではありません。

頭皮も皮膚が入れ替わるサイクルであるターンオーバーの周期は他の皮膚と同じく約28日です。

加齢と共に遅くなったりしますが、頭皮アトピーで出る大量のフケは、まだ落ちてはいけない皮膚です。

つまり、その大量のフケは、頭皮の乾燥によって若い皮膚が剥離しているので古い角質ではありません。

まだ古くなっていない皮膚が剥がれ落ちてしまうことで、成長途中の未熟な皮膚が外部と接触することになります。

だから、痒みが出たり、しみたりと刺激を感じやすくなってしまいます。

[char no="83" char="mb-hatena-l"]干ばつ地帯の大地を想像してみてください。

地面が乾燥して地割れを起こして、表面の土は粉々になりやすく、大地は固い感じではないでしょうか?

乾燥した頭皮にも、同じような状況が起きています。[/char]

頭皮を乾燥させる合成界面活性剤のシャンプーを避けよう!

シャンプーの洗浄成分には、合成界面活性剤・石鹸・アミノ酸と3つに分かれます。

その中で、頭皮をもっとも乾燥させてしまう洗浄成分が、合成界面活性剤です。

合成界面活性剤は石油から作られていて、少量で泡立つ便利さ・強い洗浄力・安い価格で市販シャンプーの多くに配合されています。

しかし、強すぎる洗浄力で頭皮に必要な皮脂も奪ってしまい、アトピーでない人も頭皮トラブルになることが多いです。

[char no="22" char="b-matta-r"]頭皮アトピーの場合は、合成界面活性剤の洗浄成分は強すぎます!植物由来のアミノ酸洗浄成分で優しく洗うのが、今より頭皮を乾燥させない手段です![/char]

保湿シャンプーの成分チェックで重要なポイント

保湿シャンプーは保湿成分が重要です。

ただ保湿成分といっても、潤いを与えるだけでは意味がありません。

一時的に保湿できても、潤った水分がすぐ蒸発してしまいカサカサ乾燥頭皮に戻ってしまいます。

また、保湿成分が入っていても、保湿力を奪ってしまう合成界面活性剤のような洗浄成分が入っていたりしてもフケは減りません。

保湿シャンプーを成分で選ぶ3つのポイント

保湿シャンプーを選ぶのに、どんな保湿成分があるのか知らないとなりません。

潤いを与えるだけで保湿ともいいますが、当サイトでは乾燥肌に潤いを与えて持続させることを『保湿する』ということにしてます。

一時的に潤っても、すぐに頭皮が乾燥してしまったら保湿の意味がありません。

なので、うるおいを与える・水分を保持する・水分蒸発を防ぐの3つで、乾燥により低下した皮膚バリア機能を回復させる保湿になります。

うるおいを与える保湿成分

ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は、細胞間を繋ぐ定番の保湿成分です。ヒアルロン酸の重さの6,000倍の水分を保有することができます。天然保湿因子と似た働きがあり、水分をたっぷり抱えて角質を潤わせてくれます。
アロエベラエキス
アロエベラエキスには、200種類の成分が含まれているといわれています。肌に潤いを与えて、保水機能を高めます。ターンオーバーを正常化へ導いたり、コラーゲン生成を促してくれます。
ビワ葉エキス
古来から薬として使われていたビワ葉エキスには、保湿作用もあります。抗炎症作用や血行促進作用もあるので、頭皮の乾燥を防いで痒みや抜け毛の頭皮トラブルも防ぎます。
アルニカ花エキス
アルニカ花エキスは高い保湿効果があります。抗炎症・血行促進など、肌へ好影響を与える作用が多いので、化粧品や石鹸などにも使われています。

水分を保持する保湿成分

コラーゲン
コラーゲンは真皮層に多くあり、肌に弾力を与えます。コラーゲンが浸透しても直接肌のコラーゲンとしては働きませんが、コラーゲン生成を促します。
シルク
シルクに含まれているセリシンというアミノ酸が保湿成分です。コラーゲンよりも高い水分保持力があります。
大豆エキス
ダイズエキスに含まれるイソフラボンは植物性プラセンタ。イソフラボンは、エストロゲンに似た女性ホルモン様作用があり、ヒアルロン酸やコラーゲン生成を促します。
プラセンタエキス
エイジングケアの定番であるプラセンタのエキスには、ビタミンやミネラルが豊富で、肌のハリ・弾力を与えます。保湿に重要なセラミドが多いのが特徴です。

水分の蒸発を防ぐ保湿成分

ホホバオイル
皮脂にはワックスエステルという保湿成分がありますが、ホホバオイルはワックスエステルが豊富で皮脂の代わりに水分を失うのを防ぎます。ホホバオイルは水分も蒸発させず、潤いを保ちます。
ツバキ油
椿の種子から取れる植物油です。ツバキ油は皮脂に似ているため、水分の蒸発を防いで潤いを保ちます。ツバキ油に含まれているオレイン酸トリグリセリドは、皮脂にも含まれています。
オリーブ油
保湿成分であるオレイン酸が多くて有名なオリーブオイルは、植物性スクワランも豊富です。足らない皮脂の代わりに、肌に蓋をしてうるおいを閉じ込めます。

他にも保湿成分はありますが、よく配合されている保湿成分を取り上げました。

成分は分子が小さいほど浸透しやすいので、低分子やナノ化されていると成分を実感しやすいです。

ナノ化されている成分は、成分表示でナノ化コラーゲンのように成分の前に状態が書かれています。

ただ、いくら低分子化やナノ化されても1分くらいは浸透するまで時間がかかるので、洗ってすぐに流さずに泡パックして時間を置いてコンディショナーやトリートメントも時間を置いて浸透させることがポイント。

頭皮の乾燥対策はシャンプーと保湿剤で皮膚バリア機能強化!

シャンプーは汚れを落とすものだから、シャンプーだけでできる保湿は限られています。

しかし、保湿成分がしっかり配合されたシャンプーを使うことで、頭皮の乾燥状態が今までと違ってきたと実感できます。

シャンプーは洗い流してしまうものだから、完璧に保湿完了できるものではありません。頭皮の乾燥がシャンプーではカサカサが治まらないくらいになると、保湿シャンプーと保湿剤を使ってWケアが必要です!

頭皮の乾燥が酷い場合は、保湿シャンプーと保湿剤を併用する

頭皮が乾燥すると、痒みが出て掻いてしまってフケが余計に出たり、乾燥している頭皮がシャワーの水だけでもしみたり。

表皮がめくれてしまっているくらい乾燥してしまうと、シャンプーとコンディショナーやトリートメントだけでは保湿が足らないです。

皮膚バリア機能が低下している状態で、潤いも水分保持力も皮脂も不足がち。

なので、保湿シャンプーと併用して使いたい保湿剤はオイル系がオススメです。

[char no="35" char="c-ok-l"]頭皮が乾燥していると、カユミがあったり刺激に敏感になってしまいます。
だから、低刺激に洗えるアミノ酸洗浄成分と痒みや刺激を緩和する消炎成分も入っているシャンプーを選べば間違いなし![/char]

成分重視!アトピーでも使える保湿シャンプー実力ランキング

  1. オアシス天然シャンプー(オーセル)

    オアシス
    うるおい 5.0
    水分保持 5.0
    水分蒸発防止 4.5
    価格:
    4,600円(税抜)
    容量:
    400ml

    オアシス天然シャンプーは、保湿成分が圧倒的な質と種類が揃っています。
    ナノ化コラーゲンは、乾式ナノ3次元ミル方式という特殊な技術を使っているので、成分変化や構造変化がありません。

    全成分が天然由来だから、シャンプーが原因で頭皮や髪が乾燥することが無いです。
    サロン発の最高級保湿シャンプーで、カサカサ頭皮もパサパサ髪もしっかり潤います

    オアシスの保湿成分

    【潤いを与える】ヒアルロン酸Na、アルギン酸Na、ハトムギ種子加水分解液、ラフィノース、スイカズラ花エキス、サンショウ果実エキス
    【潤いを維持する】ナノ化コラーゲン、ダイズエキス、アロエベラエキス-1、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、加水分解シルク、ユズ果実エキス
    【潤いを逃がさない】ツバキ油、ユチャ油、ユーカリ油、グレープフルーツ果皮油

    オアシスの詳細

  2. うるおってシャンプー(クイーン)

    うるおって
    うるおい 4.0
    水分保持 3.5
    水分蒸発防止 4.5
    価格:
    2,400円(税抜)
    容量:
    260ml

    うるおってシャンプーは、契約農家で有機栽培された『LANNI (ラニー)』のホホバオイルを使っています。
    ホホバオイルは、皮脂に含まれる水分蒸発を防ぐ成分ワックスエステルが豊富に保有しています!

    他にも生薬が18種類配合されているから、天然成分の保湿力が高いです。
    皮脂が少ないカサカサ頭皮でも、しみないでしっかり洗えて、男性やお子様、赤ちゃんがいるご家庭にも人気です!

    うるおっての保湿成分

    【潤いを与える】オウバクエキス、アルニカ花エキス、カミツレエキス、トウキンセンカ花エキス、ローマカミツレ花エキス
    【潤いを維持する】オタネニンジンエキス、ボタンエキス、セイヨウオトギリソウエキス、ブドウ葉エキス、ヤグルマギクエキス
    【潤いを逃がさない】ホホバオイル、セイヨウトチノキ種子エキス

    うるおっての詳細

  3. プレミアム・フィト(アンプルール)

    プレミアムフィト
    うるおい 4.0
    水分保持 4.0
    水分蒸発防止 3.5
    価格:
    2,500円(税抜)
    容量:
    270ml

    医師開発のアンプルール プレミアム・フィト。
    植物療法と先進の毛髪科学を合わせたヘアケアシャンプーです。

    フィトケミカル豊富なオーガニック認証エッセンシャルオイルには、スーパーヒアルロン酸やセラミドなど潤いとハリのある頭皮へ導く成分がたっぷり。
    コンディショナーとヘアマスクを使えば、髪もしっかり保湿してサラつや美髪へ。

    プレミアム・フィトの保湿成分

    【潤いを与える】スーパーヒアルロン酸、イソペンチルジオール、オランダガラシエキス、セージ葉エキス、レモン果実エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ローマカミツレ花エキス、チャ乾留液
    【潤いを維持する】セラミドNP、フィトポリアミン、プエラリアミリフィカ根エキス、ヤグルマギク花エキス、オクタペプチド-2
    【潤いを逃がさない】ローズマリー葉油、ニオイテンジクアオイ花油

    プレミアムフィトの詳細

頭皮の乾燥・フケが気になったら美容液レベルのシャンプーで徹底保湿!

オアシス

頭皮の保湿を考えるなら、保湿成分は要チェック
オアシスシャンプーで他のシャンプーがマネできない成分、イノベーションアワード受賞のナノ化コラーゲンが徹底保湿の鍵です。

コラーゲンは分子が大きいので、そのままでは肌に浸透しません。
オーセルのコラーゲンは、低分子よりも圧倒的に分子が小さいナノサイズまで、コラーゲンの役割をそのままに加工してあります。

頭皮が固く乾燥した状態を表面だけ潤わしても、すぐに水分が蒸発して乾燥肌へ戻ってしまいます。
そこで重要なのは、コラーゲンで頭皮に水分を留めるハリと弾力を与えることです。

オアシスは美容液レベルの保湿成分

ナノ化コラーゲン以外にも、ヒアルロン酸やアロエベラエキス、シルクなどの保湿成分がしっかりと頭皮の潤いを与える保湿成分がたっぷり配合されています!

コンディショナーもトリートメント機能があり、成分は美容液レベル

100%天然由来成分だから、頭皮への悪影響はありません。

頭を掻いて切れ毛や枝毛で傷んだ髪のダメージも修復、仕上がりも指通り滑らか。

泡パックで浸透させても頭皮にしみないから、頭皮が乾燥してフケが多い方にオススメです!

-悩み別で選ぶ

Copyright© アトピーでも使えるシャンプーはコレ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.